読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paranoia Diary

趣味の事とかTwitterで書けなかった事とか雑感とか日記とか

一から始める戦艦少女R レベリングと周回のススメ

 「ゲーム始めたけど、どこでレベル上げすればいいの」「クエスト消化したいけど、どこがオススメなの」「なんかドロップよさげなMAPないのか」「強化餌が足りない、けど安定してS勝利取れるMAPはないの」という人たちのためにレベリングと周回にオススメのMAPを第3章まででピックアップしていた。4章?まだクリアすらしてねえ。

 

f:id:coloneltaisa:20161201023119j:plain

・1-4
 序盤海域である第一章の最終MAP(エクストラの1-5除く)にして、序盤の美味しいレベリングスポットが1-4。初手のマスからあまり強い敵艦が登場しない割に経験値が高めという利点がある。
 提督経験値はSS勝利で40も貰えるため、序盤はここを回して提督レベルを上げるという利点もある。S勝利で180ほどの経験値をもらえるので、拾ったばかりの駆逐艦軽巡などの艦船を集中してレベリングさせる事が可能となっている。もっとも、平均レベルが10以上を超えてからは目に見えてレベリングのスピードが落ちるので、レベル15以上からは2-4などのレベリングへ切り替えよう。

 また、強化用素材の収集ポイントとしても魅力的で、主にレアリティの低い駆逐艦ばかりドロップするとは言え、軽巡やたまに重巡と言った火力・対空上げの素材が入手できるため、強化素材目当ての周回も可能。

 その場合は、まず旗艦に育成用の駆逐艦を起き、軽巡駆逐艦などを3隻、残り2隻を軽空母で揃えると言う方法がある。駆逐艦が旗艦になることで、上の「B→D→F」のルートに入るが、このルート自体は強力な敵がさほど出てこないので、空母の開幕攻撃で数を減らし、弱った敵艦を残りの育成艦で叩くと言うやり方でS勝利やSS勝利を簡単にもぎ取れる。さすがにボス戦は敵編成によってはリスクが高くなるので、Fマスが終わった時点で撤退し、全3戦で周回するといいだろう。いちいち初手マス1戦を繰り返すのが面倒という人にオススメできる。
周回コストも1回あたり燃料・弾薬100~130と少量のボーキ程度で済むため、低レベル艦のレベリング&強化素材集めを兼ねてBDFのルートを通ると安定するだろう。

 

・1-5
 補給艦スフバートルをボコ殴りにするネタMAP。一日に4回以上アタックすると本気モードが発動しボロ負け確定というギミックがある。開始マスとボスマスしか無いので、デイリークエストの「出撃1回」「ボスマス勝利1回」のクエスト消化に向く。
 本気前なら駆逐艦単艦でも十分勝てるので、クエスト報酬目当てであれば1日に3回まではやっておいて損はないだろう。

 

f:id:coloneltaisa:20161201022640j:plain

・2-1
 レベリングに向かないが、週間クエストの「第二章のボス5回撃破」の消化には非常に有用なMAP。まず2-1~2-4のMAPの中で「敵編成があまり強くない」「最大4戦で弾薬・燃料ペナルティ無し」「分岐条件が戦闘回避マスのみで、必ずボスマスへとたどり着く」という理由から非常に周回へ向いている。
 道中では戦艦・巡戦・軽空母・正規空母といった強敵が姿を現すが、レベル自体は低いので、こちらに高レベルの艦や火力のある編成なら簡単に撃破できるだろう。ドロップなどもここから多少色が付いてくるため、火力や対空上げ用の強化素材集めにも向く。レベル50代以上の艦船であれば昼間でも安定したS勝利も取れるだろう。

 

f:id:coloneltaisa:20161201022655j:plain

・2-4
 序盤の最難関であるが、こちらもレベリングスポットとして非常に有用。
 SS勝利で提督経験値60、経験値は240という美味しさながら、初手のA・Bマスの編成は非常にやわらかめ(ごくたまに巡戦が混じるが、それほど脅威にはならない)なので、低レベル艦でも攻略は楽である(ただし最低15以上レベルはそろえた方がいい)。
 1戦撤退を繰り返すのがセオリーであるが、このMAPも同じく1戦でやった方がいい上に分岐条件は厳しいのでボス戦周回には不向きとなっている。

 

f:id:coloneltaisa:20161201022629j:plain

・3-1
 こちらもレベリングには多少不向きであるが、分岐条件が複雑化したり道中戦の回数が厳しくなる第三章では非常にルート固定が楽なため、週間クエストの「第三章のボス5回撃破」の消化にはとても有用。
 27ノット以上の高速艦のみを編成する事で、ボス直行ルートへ向かう事が可能。戦力を整えるのは難しいが、空母や巡戦などのユニットが育っている場合は問題ないだろう。安定して重巡やアメリカ軽巡などの強化素材として優秀な艦船がドロップするため、強化素材集めにも向くが後述の3-4がレベリング時の副産物が美味いという点で向いている。
 また、ボス直行ルートでは弾薬を45ほど拾えるので弾薬を食うユニットを出撃させても多少は資源への負担を減らす事ができる。

 

f:id:coloneltaisa:20161201022705j:plain

・3-2
 レベリングには向かない上にボスルート固定は駆逐艦6隻必須、それ以外は基本的に分岐条件の運次第という凶悪なMAPであるが、改造済みの高レベル駆逐艦が揃っている場合は3-1以上に周回が楽なMAPとなっている。まず駆逐艦は低燃費で周回時の資源がやさしい上に、高レベル駆逐艦は回避能力が高く、場合によっては道中を無傷で凌げるメリットがある。
 とはいえまともに攻撃が当たれば一撃中大破もあり、さらに昼戦では敵を撃ちもらし安定したS勝利が取れないという問題も発生したりするが、十分に育った駆逐艦が揃っていれば一考の価値があるMAPだろう。

 

f:id:coloneltaisa:20161201022614j:plain

・3-4

 第四章突破前で最高のレベリングスポットとして機能するのがこの3-4。まず初手マスがそれほど強くないという旨みと、ドロップが結構に豪華という利点を兼ね備えた(4章前までは)究極の周回MAP。
 まず、道中戦ではせいぜい驚異的となるユニットが巡戦と軽空母しかいないので、戦力がそろっていれば昼戦S勝利やSS勝利を取りやすい利点がある。海域の経験値も高い。「旗艦を戦艦以外にする」「正規空母を2隻以上入れる」を満たせばボスルートまで行けるが非常に分岐が不安定でルートから反れる事も多々あるため、ボス戦消化はオススメできない。

 周回に関してはボーキサイトを収集するボーキ回復の術が可能。戦艦を旗艦にすることで、ボスマスにたどり着かない上に必ずボーキサイト入手可能なFマスへたどり着くという利点を利用する事で、ボーキサイトを出撃の度に増やすという利点が生まれる。もっとも道中は軽空母が多めなため、空母系抜きで挑む場合は損害とトレードオフする事になってしまう上に、空母系を入れると逆に赤字のパターンもある。

 ドロップは非常によい。改造可能艦が多くドロップするが、道中でレナウン(巡戦)やプリンス・オブ・ウェールズ(戦艦)がドロップしたり、さらに初期艦の4人が全員ここで拾えるため、レベリングついでの周回では強化素材艦ふくめて、美味しい副産物も見込める非常に良質なMAPである。ボス戦はキツいけど。

 

 以上が四章突破前までにオススメできるレベリング・周回MAP一覧だ。さて、地獄の4-4攻略へと戻るか……