読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paranoia Diary

趣味の事とかTwitterで書けなかった事とか雑感とか日記とか

戦艦少女R ファーストインプレッション

ゲーム 戦艦少女R

f:id:coloneltaisa:20161028053142j:plain

 ついに戦艦少女Rの日本語版が解禁されたのでプレイしてみた。

 現在、サーバーの規模やプレイ人数等は不明だが、今の所は軽い模様。iPhoneが速度制限で満足に使えないので、現在はエミュレーターでのプレイ中。比較対象に艦これを上げているため、もしかしたら戦艦少女か艦これの狂信的なユーザーには不快な文章になるかもしれないので予め警告しておこう。

 

 さて、「艦これのパクリゲー」と叩かれもしていた今作についてざっと簡単に説明すると、艦これのシステムに近似(というか明らかに参考にしたとしか思えないが)の中国製艦隊育成SLGだ。開発側と運営側が分裂し争いが勃発し法廷まで持ち込まれ、つい最近になってようやくその闘争が終結したという曰くつきの歴史を持つゲームであるが、15年のE3で海外展開も予告されたり、非公式でファンメイドの英語パッチや日本語パッチなどの存在もあり、前々から知る人ぞ知るゲームとして君臨していたゲームである。一部のキャラクターは非常に艦これと酷似していると話題にこそなったが、開発陣の独自路線やシステムデザインのよさ等で好評を博し、次第に地位を確立していった作品でもある。そして、ついに今年の10月に完全日本語版がプレイ可能になり、日本でのサービス提供が正式に始まったと言う流れだ。

 プレイするのには時間がかかった。前述のとおり、携帯端末でプレイ出来なかったのでエミュレーターを使用したが、落としたアプリのデータがエミュレーターで読み込まず、結局直接データをエミュ上でダウンロードするに至った。やっちまったぜ。

 それからユーザー登録でも手間取った。何しろ英数字は使えても記号が使えず、なぜ使えないか説明がほぼ無いのでとにかくエラーの繰り返しで疲れてしまった。二度と同じ轍を踏まないようこれから始める諸氏は気をつけて欲しい。

 まだ1-3までしかプレイしていないので、あくまで触り程度のプレイにとどまっているが、このゲーム、かなり良い。まずキャラクターのラインナップだが、世界の軍艦が対象である。艦これをプレイしているとわかるが、あれは帝国海軍が中心で海外艦は軒並みレア中のレアで手に入り辛いという海外艦好きには非常に悩ましいレベルデザインになっていたが、このゲームでは初っ端から色々な国籍の艦が手に入る。これが海外艦好きには楽しい限り。大好きなアメリカ艦でそのうち艦隊を組みたいのでこれからが楽しみである。

 ゲームのシステムデザイン、UIなどについては後発ゲーム特有の「艦これの基本システムに便利な機能を追加したゲーム」となっており、最初期の印象としては「艦これの基本発展版として楽しめる」と言った具合(改のゲームデザインがこれと同じだったらかなり印象が変わってたかも)。細かな差異については後述するが、艦これのゲームプレイを「限界まで希釈したカルピス」と例えるなら、このゲームは「適度に希釈してあるカルピス」と例えた方がしっくり来るかもしれない。

 ただしボイスが無く、それに不満の声をあげる日本ユーザーも多いが、携帯端末向けである事を考えればボイスは切って正解だと思う。付けたら付けたで日本人ウケはしそうだが大変そうだし……

 すでに先立ってプレイしているユーザーからは「艦これと同じような欠点もある」「戦艦少女特有のストレスを感じる部分もある」「初期は演習がえげつない」「ドロップは艦これよりも渋め」と評価もされているので、その点については追々プレイして自分で確認をして見るものの、とりあえず現段階では「中々楽しいゲームだ」と評したい。

 

 以下は艦これプレイ済みの状態で色々と感じた事や差異の点について簡単に列挙する。艦これユーザーでこれからプレイする予定がある人は確認するといいかもしれない。

・フレンド登録、メールなどの機能がある
・ログインボーナスあり
・提督レベルが上がる毎にボーナスもあり
・60FPSまで対応、ぬるぬる動くよ!

・ユーザー名入力の際は記号不可能(「.」「_」「-」半角スペースは弾かれた)
・ユーザー名と提督名は別
・ゲーム内の提督名は課金で変更可能
・パスワードもおそらく同じだと思われる
・ただしその際のエラーメッセージが「英数字のみの使用です」のみ

・携帯端末向けであるが、エミュレーターを使用してPCでも起動可能(ブルースタックでプレイ中)
・アプリのデータ内に画像データ含むキャッシュデータを保管、オンラインでプレイヤーのデータベースとやり取りしている形式なのではないか(推測)
・低速回線(無線LAN)を使っているが、画像のロード不備などは無し
・↑自分のプレイ環境の艦これだとしょっちゅう接続が切れ猫るが、今の所このゲームではエラーが無い、個人の環境によるか

チュートリアルは非常に丁寧
・ただし、一部の機能についてはチュートリアルが端折られている

・ボイスは無い(ただし戦闘時にセリフが出る)
・母港画面でキャラをクリックするとフキダシが出てキャラがセリフをしゃべる、艦これで言う母港のお触りに近いか
・全体的にキャラのデザインはバラバラだがそれなりにクオリティは高い
・国際色豊かで、イギリス、アメリカ、ドイツ、イタリア、日本、中国など国籍は多い
・艦これ登場艦は一部デザインが似ている
・キャラクターはスキン(衣装・イラスト)変更可能、ただし課金必須

・提督画像が存在する(しかもプリセットから画像変更可能)
・出撃、改装、建造、泊地の4つのアイコンから基本的な行動を選択できる
・艦これの「編成・補給・装備変更」に該当する作業などは全て泊地で行える

・開発には建造と同じく時間がかかる
・また、開発もドックと同じく複数存在する
・開発レシピは他のユーザーが使用したレシピが表示され、それを使用可能
・↑ちゃんとどの資材をつぎ込み何が建造されたか表示される
・建造ドック、入渠ドック、開発設備などは最大4つ同時に可能
・ただし、2つは開放されているが残りは課金して開放する必要あり(開放キー×6の計算)
・キャラの保有上限はデフォルトで120隻
・装備の保有上限は500

・改装には「強化」「改造」「スキル」がある
・「強化」は近代化改修にあたる
・「強化」で使ったキャラクターの装備は自動で外れる(ほっとくと溜まる)

・クエスト(任務)画面から直接出撃・操作可能(「行く」ボタンを押すとすぐに出撃画面や編成画面になる)
・クエストは自動受諾式、報酬を受け取る時のみボタンを押せばいい
・報酬を受け取った時点で完了→任務ツリーとなるものだと思われる
・クエストはリスト式になっていて、達成した物から自動的に上へ表示

・「運」は無いが、好感度がある
・好感度はパラメーターを左右するらしい
・好感度100になると結婚できる

・戦闘シーンはSDキャラが出てきて戦う(かわいい)
・陣形にちゃんと効果があり、それを陣形選択画面できっちり確認できる
・轟沈してもキャラロストしない、代わりに好感度が下がる
・艦これと同じく大破進撃が条件の模様
・大破状態のキャラがいる場合、警告メッセージが進撃時に出てくる
・マップの分岐条件が明確にわかる
・疲労度なし(その代わりキラ付け等の要素なし)
・疲労度なしの恩恵として連続出撃が可能、プレイのテンポは若干速い
・新しくドロップした艦は、ドロップの時点で誤解体防止のロックをかけれる

・図鑑画面ではキャラクターの画像などを確認可能
・わざわざ中破させなくても中破グラが表示可能
・ただしエミュレーター起動なので強制的に横表示、顔を傾ける必要がある