読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paranoia Diary

趣味の事とかTwitterで書けなかった事とか雑感とか日記とか

そして虚無感だけが残った 艦これ2016年秋イベ感想

艦これ

f:id:coloneltaisa:20161128170404j:plain

 艦これの秋イベを終わらせた。

 

 まず先にイベント前に立てた予想がどうなったかおさらいしよう、
・ドゥーリトル空襲がモチーフ→正解、ただし後段は別モチーフ(クロスロード)
・米空母はサラトガではないのか→正解、サラトガ

・たぶんしずま艦→正解
・フランス艦が来て戦艦等の大型艦は来ない→正解、フランスの水上機母艦
・米空母は突破報酬、フランス艦はドロップ→半分正解、フランス艦も突破報酬
・4~5か6あたりの中規模イベ→5海域、ある意味不正解(後述)
・札3枚→乙まで札3、甲で札4枚
 これぐらい。4日前の情報だけ考えてもまあ十分当たった方だろう。


 長さはE5までぐらいだろう、と予想を立てて実際E5まであったわけだが、今回は予想が少し外れた。
 まずE4がダブルゲージ採用。E5がギミック解除2回かつギミック解除でないとクリアは実質不可能というMAP。これらの攻略時間を考慮しても、E5という名前の実質「E7」という状態。狂気の沙汰ほど面白いなんて言葉が喉から出なくなるほどのイカれた構成になっている。

 正直、今回のイベントは過去最低のプレイ意欲だった。
 戦艦少女にハマっていて、そちらの方が楽しいし好きなキャラもできて、尚且つ携帯でいつでも遊べるという利点があるのでプレイに没頭していた。そっちの方がストレスは遥かに少ないし。艦これも長く遊んで愛着のあるキャラクターがいるが、正直春イベ以降は愛着だけでモチベを持たせるには無理のあるゲームデザインが続いていたし、外国艦が好きなので戦艦少女の国内版スタートはまさに渡りに船という状況だった。
 とりあえず、E1は甲で突破したが、E2からはずっと丙でプレイしていた。E3までは端々にクソみたいな香りを感じていたが、サクサクと進んだ。そしてE4から躓いた、ダブルゲージや糞編成に正直心が折れそうだった。

 E5はさらにひどかった。
 前回夏イベントのE5は道中長いわドロップは渋いわで大変だったが、鬼門とされる箇所は基地航空隊さえ刺されば艦隊が開始前に戦闘終了できたりと、それなりに楽な仕様だったし、ゲージ破壊でアクィラも来たので満足と言えば満足だった。
 しかし今回は基地航空隊は出撃可能数わずか2。もう1つは防空必須な上に、ギミック解除のために基地航空隊はほぼ出撃不可能。エアカバーも期待できないまま、アホみたいな強さの敵航空隊相手に戦わなければいけない。スタート位置とボスマスの位置はアメリカ大陸横断かと言わんばかりの長さ。基地航空隊で攻撃するには、二式大艇を組み込む必要があるのだが、秋津洲すらドロップ出来てない現状で航空支援は到底不可能だ。
 
 補給艦でもない限り、ギミックの「スタート位置前進」「ボス装甲破砕」の二つをクリアしなければまともにゲージを削る事も出来ない(しかも丙難易度で)という恐ろしさで、苦労してスタート位置前進させた後に、試しにボスマスまで到達した時にLv103のアイオワの連撃がボスに当たってわずか3のカスダメしか出なかった時は流石にやる気が半分くらい無くなった。
 クロスロード組があれば特攻が利く、と言われても長門しか持ってない上に長門を組み込むと大破確実の燃料がガッツリ減るルートを強制される。酒匂もプリンツ・オイゲンも持ってないし、削りやってる時にはドロップすらしない。出てくるのはせいぜいレアリティが高くても陸奥ぐらいだ。1出撃で消費する資源を建造につぎ込めば普通に出てくる艦しかいない。道中に至っては1-1とそんなに変わらないか1-1のドロップ率以下だ。

 結局、苦行とも言えるギミック解除をした上で、高レベルの艦載機をガン積みした正規空母と、対空カットイン艦、第二艦隊にカットイン・夜戦装備をガン積みして攻撃がボスに刺さる事を期待しながら回数で殴った。一回の出撃時間が長すぎる上に試行回数が増えるほど積もっていく虚無感、深夜2時に始めて6時間後、ようやくクリアまでに至った。
 やっとのことでもぎ取ったS勝利でゲージ破壊、最後くらいは良いドロップがあるだろう、そう期待していたドロップ画面で日向が出てきて完全に掘りをする気が無くなった。

 サラトガを入手できたが、高揚感も達成感もそこには無かった。ただただ虚脱感と「やっと苦行が終わった」という気持ちだけ。面白さ、楽しさ、やりがい、そんな物は何一つ無かった。ドラマも生まれなければ感動も無かった、今まで積み上げてきたゲーム内での努力が報われたというちっぽけな達成感も無かった。
 確かにサラトガ入手という目的は達成した。しかし達成感や楽しさが1に対して今回イベントは腹の立つストレスフルな出来事がそれ以上に沢山あった。もう心だけが折れた。

 総評としては今回のイベントは地獄の16年春イベントとタメを張れるほどのクソイベだった。春イベント前後くらいの熱量があれば正直ここまでボロクソに言ってない難易度だったと思う。でも春イベを越えて、夏イベの消化試合を終わらせて、だるい秋刀魚イベントにケリを付けてからたどり着いたこの秋イベントは正直、艦これ自体に対する熱を失うには十分すぎるほどだった。
 今までのイベントは、年に4回のお祭り騒ぎで、参加すればお得が一杯!という流れなんだとずっと思っていたし、大抵のオンラインゲームはそういう方向でイベントを作っているはずだろう。でも実際は「新キャラをあげるよ!でもこのイベントのみ限定だよ!再配布は永遠に無いかもよ!」という餌と売り文句のために溢れんばかりの下痢糞を食わされているだけだった。
 もう正直、しばらく艦これには触れたくない。
 楽しかったあの頃の思い出だけで十分だ、もうこれ以上、時間と気力と正気を削るだけのストレスの塊は触れたくない。


 だからもうこの話は終わりだ。最後に一言。
 くたばっちまえ運営。