Paranoia Diary

趣味の事とかTwitterで書けなかった事とか雑感とか日記とか

「何が来ても驚かないが、怒るのは今まで通り」 艦これ次イベント予想

 艦これを遊んでいる、かれこれ半年。始めたのが8月頃でちょうど忌まわしき夏イベの頃だったか。その頃は新人提督で始めたて、順調に図鑑埋めが出来て、まだゲームを面白いと感じる予知があったが、今は新規ドロップもクソもない地獄の有様で数多くの引退したプレイヤーと同じ轍を踏もうとしているが、まだ遊べて(続けられて)いる。

 ようやくプレイヤーとして初参加した15年秋イベントは燦々たる結果だった。未入手艦は「天津風」と突破報酬の「鹿島」ぐらいで丙難易度は地獄の様相。まさに行くも地獄引くも地獄の最悪のイベントだった。もちろんグラーフやプリンツ掘りなんかも出来た試しがない。俺は艦これを投げて溶鉱炉こと大型艦建造でイベント用の備蓄資材を溶かしまくり401と矢矧を手に入れた後、不貞寝するかのようにガルパンに救いを求めて艦これとは距離を置いた。

 そして2016年2月。艦これ運営(と言うか田中P)はまたも地獄のイベントを始めようと躍起になっている。地獄絵図だろうし、どうせまた酷い結果になるのは目に見えているが、予め予想を立ててみた。多分、次のイベントはこうだろう。

f:id:coloneltaisa:20160208053834j:plain

 Twitterで貼ってたのを丸コピしたので申し訳ないが、とにかく予想としてはこんなもんである。最後から4つ目はイベントとは関係ないが、恐らくイベントの期間中に発売されると思われる改については何らかの問題が必ず起こると予想した。

 書いたのは1月20日ごろだが、実はもう既に予想のひとつは当てている。

  改二はともかく、その次の台詞である「睦月型の前級」という言葉は運営の口からすでに語られている。睦月型の前級と言えば神風型駆逐艦であるが、睦月型自体が艦これの自軍駆逐艦で最弱の部類に入る為、どう考えても性能的に期待は出来ない。例によってこの駆逐艦もそれぐらいの性能の低さかつ改造レベル35~40代で持参装備も大した事の無い、いわば「ガッカリ艦」みたいな所だろう。ただでさえ秋イベの最深部突破報酬が駆逐艦だったわけだし、これぐらいのやらかしは考えられなくも無い。

 どうせ連合艦隊によるMAPもアホみたいに実装されるだろうし、モチーフとなる作戦である礼号作戦に絡んだ艦でないとゲームを円滑に進められないと言う田中Pが大好きな「史実編成」という悪手ももちろん使われるだろう。該当する艦を持ってないヤツはもっと苦労してね!!!という手だ。

 もちろんドロップは糞の極みになる可能性が大だ。過去のレア艦を拾えると運営は言っているが、前回の秋イベでは過去のレア艦を掘るために何百週しても拾えなかったプレイヤーもいただろう。それと同じで今回も無慈悲な運営の仕掛けが発動するだろう。どうせ新規艦で使える物や目玉たりえる大型艦は間違いなく道中マス(クリアしても艦娘がドロップしない事がある)に配置されるだろうし、ドロップ率はきわめて低く設定されるだろう、ボスマスへ到達してもS勝利できないムズさで更にS勝利じゃないとドロップすらされないというパターンもあるはず。ドロップを邪魔するように序盤MAPで拾える大してありがたくもないコモン艦を掴まされる事もありえる。

 難易度はもちろん理不尽だ。ゲージ復活という地獄の釜が開いた、となっても俺は驚きもしない。ギミックを複数解除しなければボス戦はクリアすらままならない。レベル99やケッコンカッコカリをした精鋭艦とランカー装備を大量に括りつけた艦娘をぶつけてもたまに勝利できる程度、また札を貼って出撃制限をかけるというやり口も絶対に実装されるだろうし、運営の汚いやり方が炸裂するだろう、いや、絶対やる。やらない筈がない。プロデューサーが変わらない限りは。

 そして何らかの障害がゲームに襲い掛かるはずだ。何せ新年一発目でプログラムミスで単装砲を何十個も配るという失態をやらかしているし、去年の秋イベはプログラマーの予想に反した……と言うよりはテストプレイもやってなかったであろうPT子鬼というクソ敵を暴れさせたりするなどバグを残したまま突貫でプレイヤーにイベントをやらせるはずである。もちろんサーバー障害もどっかで発生するだろう。本来なら補填としてゲーム内アイテムを配ったりするだろうが、恐らく配れられるのは家具だ。そう、ゲームプレイに何の影響も及ぼさない、コレクションアイテムの家具だけだろう。

 年を重ねる毎に悪くなっていくゲームであるが、これぐらいの予想を立ててもまだ斜め上の事態が起こりそうで怖いが、俺は「遊べる範囲で楽しんで嫌になってきたら離れろ」というスタンスで望むつもりである。もう何が来ても驚かないし、皆も驚かないだろうが、怒るのは今まで通りだろう。これだけは約束できる。